FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

綿業会館

カテゴリー: 日記

2月27日(土)
昨日、山本純弘研究室に訪問しました。
山本先生には20年以上前からお世話になっています。

船場にあるルネサンス風の歴史的建造物である「綿業会館」に事務所があります。
国の重要文化財で昭和6年竣工の建物は、時期を同じく竣工した大阪城天守閣の工事費の3倍だそうです。

大阪が東洋のマンチェスターと言われ、繊維業を中心に世界一栄えた良き時代がありました。
現在は、あまりにも東京一極に情報が集中され過ぎだと思います。

内部の装飾品も格調が高く、時間の流れもゆっくり落ち着いたものです。
このような場所で仕事ができる、山本先生を羨ましく思いました。

(綿業会館の外観)
1[1]

(重厚な内部)
21[1]

●本日の一語

  老少不定
●読みかな:ろうしょうふじょう
●意味:老人も少年もいつ死ぬかわからないこと。死期は予知できず、
    人の命のはかなく寿命の定めがたいたとえ。
●用例:どうするって、仕方がないわ、ねえあなた。老少不定っていうくらいだから。
    (夏目漱石「こころ」)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。