FC2ブログ

企業の永続

カテゴリー: 経営全般

9月1日~2日に東京のホテルイースト21にて、経営研究会の特別研修が開催されました。
テーマは、企業の永続と経営破綻「気づきの経営学」で田舞代表の講義でした。

アメリカのサブプライム問題から日本経済も大変厳しい状況になってきました。
昨今のニュースでは、大手企業の倒産も珍しくありません。

今回の勉強会では、創業天正10年(1582)の甲州印伝(鹿革に漆付け)の伝統品を製造販売されている、(株)印傳屋上原勇七の代表取締役上原重樹氏の講演がありました。

創業420年以上の企業の社長様のお話から、企業永続のヒントを沢山いただきました。
200年以上永続している企業は、中国に9社、台湾に7社、インドには2社で断トツに日本が世界的にも一番です。

その要因の一つに「家族経営」があるように感じました。
そこには、祖先に対する感謝の気持ちが大切で、大きな継続の力だと思います。

我が社も「100年企業」をビジョンに、全社員が先祖に感謝することが永続に繋がるように思いました。
特別研修
●本日の一語

  泰┃然┃自┃若┃
  ━┛━┛━┛━┛
●読みかな:たいぜんじじゃく
●意味:おちつきはらって物事に動じない。安らかでもとのまま変化せず
    平気な様子。






スポンサーサイト



前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://qhc.blog117.fc2.com/tb.php/80-190ec341