FC2ブログ

北区倫理法人会モーニングセミナー

カテゴリー: 経営全般

9月13日(土)北区倫理法人会 モーニングセミナー
今回の講話者は、広島県福山市で居酒屋を経営されている高橋秀樹社長様です。

高橋氏は、1970年に福岡県で生まれ、優秀な成績? のため数週間で高校を終わられ、15歳で大阪で飲食業の修行を始めます。その後、現在の会長さんが福山市で夢笛(むてき)コーポレーションを創業される時、半ば強制的にその経営に参加します。

大阪での初任給は「会社の屋上で焼肉を食わされた」だけだったそうです。
このようなエピソードがあっても、現会長の人柄にほれて福山に行ったようです。

順調に店舗数も増えていったようですが、2003年あたりから業績が悪化、社内的な問題も起きていて、大変な逆風のなかで先代より引き継いで代表取締役に就任します。

現在では、日本を元気にする!!を提唱して「居酒屋甲子園」の活動をしています。
「従業員の幸せをプロデュースするのが社長の仕事」と考え日々努力されている社長様でした。

今回の講話から・・・・
・「つき」こそ実力!!
・夜道で財布を拾うことは、「つき」ではない
・夢が志に  →  私事(しごと)が志事(しごと)に

高橋氏の話は大変楽しくアットいう間の45分でした。感謝!!
夢笛コーポレーションの益々のご繁栄を祈念します。
(高橋氏の講話)
倫理9月13日
●本日の一語

  紆┃余┃曲┃折┃
  ━┛━┛━┛━┛
●読みかな:うよきょくせつ
●意味:経てきた事情などが、ひとことで言えないほど曲がりくねっていて
    複雑で厄介なこと。「紆余」は川や丘がウネウネと曲がっている様。
●用例:紆余曲折ありましたが、何とか一戸建ての家を持つことができました。


スポンサーサイト



前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://qhc.blog117.fc2.com/tb.php/84-6fde5d1b